エンジニアの需要と供給

ITと一言で言っても分野は広く、エンジニアが選ぶ職種もインフラ、データベース、ネットワークなど様々なものがある。
その種類や職場の特徴の影響を受けて人口が一部に集中しやすい。
ネットワークの高度化が進んでいることを受けてネットワーク分野ではエンジニアの需要が高まっていて、開発や設計に関わる仕事は人が集まる傾向がある。
一方、同じネットワークであっても運用側になると人材が不足する傾向があり、さらにアプリケーション側ともなると異業種からの転職すら受けていることが多い。
必要とされている人数に対してエンジニアの人口は偏る傾向が強く、人気があって人材が必要ない分野では仕事の獲得競争が繰り広げられている。
逆に人材の数が必要な分野は、ほぼどこでも人材不足に嘆いている状況があり、初心者を雇用して現場で育てるという方針を取っていることは少なくない。
どの分野なら転職しやすいのかを考えた場合、転職エージェントに相談するのが得策だ。
===転職エージェントを決める前に見ておきたい参考情報===
エンジニアの需要と供給の関係は刻々と変化しているため、そのときになってみなければ転職しやすい業界は異なる。
その情報を常に収集している専門家に相談すると転職には有利だろう。
経験者か高いスキルが備わっている、あるいは全くの未経験者かによっても選ぶべき分野が異なるのはエンジニア人口の偏りを考えるとよくわかる。
転職エージェントに相談すれば、現況を把握した上で最適な仕事を紹介してもらえるだろう。

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし